小平市の浮気調査

浮気調査は小平市の興信所・探偵社無料相談見積もり依頼窓口

このページでは、小平市の浮気調査で選ばれる興信所や探偵社を、これまでの実績からなる信頼度、料金体系や調査員からなる安心感、そして、利用者の感想や評判などから総合的に評価した1〜5位のランキングを紹介しています。いずれも、リンク先の探偵事務所公式サイトにて電話やメールによる無料相談・見積もり依頼を24時間受け付けていますので、参考になさってください。

原一探偵事務所

浮気 調査 小平市

≪選ばれるポイント≫
○日本最大級の調査員数で全国対応
○県庁に紹介される唯一の探偵事務所
○調査歴40年超で10万件以上の事例あり

○証拠が取れる探偵社と弁護士が推薦
○急を要する場合の当日調査が可能
○テレビ番組への協力実績が豊富
浮気 調査 小平市

 

AMUSE(アムス)

浮気 調査 依頼 小平市

≪選ばれるポイント≫
○証拠が出なければ調査費用全額無料
○調査員1名1時間6,000円〜
○調査員は10年以上のベテラン

○海外(国外)での調査も可能
○24時間受付・全国対応
○信頼の法人経営
浮気 調査 依頼 小平市

 

響エージェント

浮気 調査 見積もり 小平市

≪選ばれるポイント≫
○相談が運営する探偵社(興信所)
○調査成功率95%以上の実績・調査力
○調査費用は業界低水準だから安心

○裁判で有利な相談監修調査報告書
○急な調査依頼・即日対応も可能
○国内に4拠点あり全国の調査に対応
浮気 調査 見積もり 小平市

 

イズム興信所(ISM)

浮気 調査 探偵 小平市

≪選ばれるポイント≫
○関東地域から全国ネットワーク
○裁判用の証拠収集に特化
○分かりやすい料金体系

○相談員は夫婦カウンセラー資格保持者
○顧問相談によるアフターサポートあり
○海外の調査も対応可能
浮気 調査 探偵 小平市

 

総合探偵会社TS

浮気 調査 興信所 小平市

≪選ばれるポイント≫
○関東エリアを中心に全国対応
○調査の成功率が98.4%の実績
○女性対応だからデリケートな問題も安心

○離婚専門の弁護士を無料紹介
○関係修復、復縁希望者へのアドバイス
○資格を有した専門カウンセラーが仲介役に
浮気 調査 興信所 小平市

 

 

▼小平市の歴史

 

市域は武蔵野台地でも水利に乏しい地域で、考古遺跡は旧石器時代の鈴木遺跡や、奈良時代から平安時代の竪穴住居跡が見られる八小遺跡(どちらも市の史跡)がわずかに分布しているのみ。律令制下では武蔵国多摩郡に属し、官道である東山道武蔵路が、中世には鎌倉街道上道の道筋が南北に通過しているが、近世まで安定的定住は困難であったと考えられている。

 

江戸時代には、青梅街道が整備され小川宿が設置され、承応3年(1654年)に開削された玉川上水から分水された用水路の整備を受けて新田開発が行われ諸村が形成され、一部は武蔵野新田に属する。市域では武蔵野台地で特徴的な街道をはさむ短冊形地割が残り、旧名主家の地方文書も数多く現存している。

 

また、延宝6年(1678年)には尾張徳川家の鷹場(鷹狩を行う場所であり、地元民は狩や害獣駆除のための鉄砲の使用などが制限された)が設置された。たかの街道やたかの台の地名はこれに由来する。

 

明治時代以降も都心郊外の純農村地帯であった。明治時代初めの一時期、玉川上水を利用した舟運が行われ、明治期には鉄道誘致運動が盛んになった。中央線小川駅設置計画はルートが南方に変更されたため挫折したが、明治27年に川越鉄道(西武国分寺線)の小川駅が開設され、昭和初年には西武新宿線、西武多摩湖線がそれぞれ開業した。関東大震災後には「学園都市」と銘打って現在の学園東町・学園西町付近の宅地開発が行われ、昭和初期には津田英学塾などの学校や病院なども設けられた。陸軍経理学校などの軍事施設も置かれ、次第に人口は増加したが、1944年に町制が敷かれた当時も大半は農地(畑)であった。

 

戦後には都心部の住宅難に対応するため都営住宅の建設が進み、高度成長期にはベッドタウンとして人口が急激に増加。団地、官公庁住宅の建設や、民間による宅地開発が進み、スプロール現象も見られた。ブリヂストンや日立製作所などの工場、大学や専門学校など教育機関も増加した。昭和48年に武蔵野線が開通。急激な都市化の進展に対して、都市基盤の整備は遅れがちであったが、下水道の敷設、駅周辺の整備や土地区画整理も行われた。

 

●行政区画の変遷
1657年(明暦3年) - 小川村が開拓される。武蔵国多摩郡小川村。
1716-1736年 - 小川新田、大沼田新田、野中新田与右衛門組、野中新田与左衛門組、鈴木新田、廻り田新田が次々開拓される。
1871年(明治4年) - 廃藩置県施行。神奈川県となる。神奈川県多摩郡。
1878年(明治11年) - 郡区町村編制法施行。神奈川県北多摩郡となる。
1889年(明治22年) - 町村制施行。小川村、小川新田、大沼田新田、野中新田与右衛門組、野中新田与左衛門組、鈴木新田、廻り田新田以上7村が合併し神奈川県北多摩郡小平村になる。
1893年(明治26年) - 神奈川県から東京府へ移管。東京府北多摩郡小平村になる。
1943年(昭和18年) - 東京都制施行。東京府が廃止されて東京都を設置。東京都北多摩郡小平村となる。
1944年(昭和19年) - 町制施行。東京都北多摩郡小平町となる。
1962年(昭和37年) - 市制施行。東京都小平市となる。

 

●市名の由来
1889年の7村合併の際に、当時の中心であった小川村の小と周辺地域が武蔵野台地上にあり平らな土地であったことから小平の名がつけられたとされる(その平地の割りに下水が完備されていない時期は船で移動するほどの洪水があった)。

 

 

▼小平市の調査会社例

 

・日本ガード(株)
東京都小平市花小金井4丁目33−5

 

・ジャパンリサーチャーズ調査事務所
東京都小平市小川町1丁目887−28