東村山市の浮気調査

浮気調査は東村山市の興信所・探偵無料相談見積もり依頼窓口

このページでは、東村山市の浮気調査で選ばれる興信所や探偵社を、これまでの実績からなる信頼度、料金体系や調査員からなる安心感、そして、利用者の感想や評判などから総合的に評価した1〜5位のランキングを紹介しています。いずれも、リンク先の探偵事務所公式サイトにて電話やメールによる無料相談・見積もり依頼を24時間受け付けていますので、参考になさってください。

原一探偵事務所

浮気 調査 東村山市

≪選ばれるポイント≫
○日本最大級の調査員数で全国対応
○県庁に紹介される唯一の探偵事務所
○調査歴40年超で10万件以上の事例あり

○証拠が取れる探偵社と弁護士が推薦
○急を要する場合の当日調査が可能
○テレビ番組への協力実績が豊富
浮気 調査 東村山市

 

AMUSE(アムス)

浮気 調査 依頼 東村山市

≪選ばれるポイント≫
○証拠が出なければ調査費用全額無料
○調査員1名1時間6,000円〜
○調査員は10年以上のベテラン

○海外(国外)での調査も可能
○24時間受付・全国対応
○信頼の法人経営
浮気 調査 依頼 東村山市

 

響エージェント

浮気 調査 見積もり 東村山市

≪選ばれるポイント≫
○相談が運営する探偵社(興信所)
○調査成功率95%以上の実績・調査力
○調査費用は業界低水準だから安心

○裁判で有利な相談監修調査報告書
○急な調査依頼・即日対応も可能
○国内に4拠点あり全国の調査に対応
浮気 調査 見積もり 東村山市

 

総合探偵会社TS

浮気 調査 探偵 東村山市

≪選ばれるポイント≫
○関東エリアを中心に全国対応
○調査の成功率が98.4%の実績
○女性対応だからデリケートな問題も安心

○離婚専門の弁護士を無料紹介
○関係修復、復縁希望者へのアドバイス
○資格を有した専門カウンセラーが仲介役に
浮気 調査 探偵 東村山市

 

イズム興信所(ISM)

浮気 調査 興信所 東村山市

≪選ばれるポイント≫
○関東地域から全国ネットワーク
○裁判用の証拠収集に特化
○分かりやすい料金体系

○相談員は夫婦カウンセラー資格保持者
○顧問相談によるアフターサポートあり
○海外の調査も対応可能
浮気 調査 興信所 東村山市

 

 

▼東村山市の歴史
市域には旧石器時代からの遺跡が分布し、縄文時代には笹塚遺跡をはじめ縄文中期の集落遺跡が数多く分布し、縄文後晩期では下宅部遺跡の存在が知られる。弥生時代の遺跡は皆無で、古墳時代には後期集落は見られるものの、古墳の存在は無い。

 

律令制下では武蔵国多摩郡に属し、奈良・平安時代の遺跡では完形の瓦塔(東京国立博物館所蔵)が出土した東村山市No.2遺跡のほか、平安時代の池状遺構も見られる。古代には官道である東山道武蔵路の道筋が南北に比定されている。

 

平安後期には狭山丘陵に武蔵七党の村山党が進出し、一族は鎌倉幕府の御家人となった。鎌倉時代には鎌倉街道の上道が通り久米川宿を中心とする宿場として栄え、日蓮は佐渡島に流刑される際に当宿に宿泊している。鎌倉末期には武蔵野台地を舞台に新田義貞率いる倒幕軍と幕軍の間で一連の合戦が起こり、市域では久米川の戦いが起きている。また、幕府滅亡後に成立した建武の新政に対して北条残党が蜂起した中先代の乱における合戦も起こっている。戦国期には相模国の戦国大名である後北条氏の領国に含まれ、後北条領国では川越街道が整備されたため、相対的に鎌倉街道の重要性は薄れる。

 

江戸時代は幕府直轄領となり、武蔵野台地の開拓が進む。また、尾張徳川家の設置した鷹場にも含まれる。明治維新後には野口村・廻田村・久米川村・南秋津村の各村は韮山県、次いで品川県の所属となり、1872年(明治5年)に神奈川県多摩郡の所属となった。1878年(明治11年)には郡区町村編制法により多摩郡北部が北多摩郡となり、1880年(明治13年)には埼玉県入間郡に属していた大岱村も北多摩郡に編入となった。

 

1889年4月1日の町村制施行の際に、北多摩郡野口村・廻田村・大岱村・久米川村・南秋津村が合併して東村山村(ひがしむらやまむら)となった。村名は、この一帯を村山郷といい、村域がその東部にあったことによるものである。

 

1894年以来2社8線9駅の鉄道が市内に通じ、古道以来の交通の要衝だったところに近代には周辺村からの人の流れと物資の集積地としての機能が発生し、鉄道開通による宅地化が進むなかで、現在の栄町一帯は西武新宿線開通後、東京都内の沿線では田無に次ぐ商業地域となっていく。

 

1942年4月1日に東村山町(ひがしむらやままち)となった。この段階では、東京府内の隣接自治体で最も早い町制だった。
1964年4月1日に東村山市となった。市制と同時に現在の各町が設置され、前後して富士見町に私立中学高校が複数開校し、1967年には新青梅街道、1973年には武蔵野線が開通し、ベッドタウンとして開発が進められ、都営住宅や団地、官公庁住宅の整備が行われ、現在の市の姿となる。

 

▼東村山市の調査会社例

 

・総合システムサービス
東京都東村山市秋津町3丁目34−33